読売日本交響楽団
コバケンスペシャル
in Tajimi 2011

-----------------

<ご連絡先>

多治見市文化会館
(火曜休館)
〒507-0039
岐阜県多治見市
十九田町2-8
Tel 0572-23-2600
Fax 0572-23-7555
読売日本交響楽団 コバケンスペシャル in Tajimi 2011

H23年12月4日(日)に終了しました。 多数のお客様のご来場、ありがとうございました。

多くのお客さまより、アンケートを頂戴いたしましたので、その一部を紹介させていただきます。


多治見市文化会館開館30周年記念事業

    

読売日本交響楽団 コバケンスペシャル in Tajimi 2011

グリンカ/歌劇「ルスランとリュドミーラ」序曲
♪メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
♪ブラームス/交響曲第1番 ハ短調 作品68

 

読売日本交響楽団

読売日本交響楽団は1962年、日本のオーケストラ音楽の振興と普及のために読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビの読売グループ3社を母体に設立された。設立当初より世界的指揮者が常任指揮者を歴任し、現在は現代フランスを代表する鬼才シルヴァン・カンブルランが常任指揮者(第9代、2010年4月就任)を務め、正指揮者の下野竜也(初代、06年11月就任)とともに大きな注目を集めている。
現在、サントリーホールでの年間11回の定期演奏会を軸に、名曲シリーズ(サントリーホール)、東京芸術劇場名曲シリーズ、東京芸術劇場マチネーシリーズ、みなとみらいホリデー名曲コンサート・シリーズ(横浜みなとみらいホール)の5シリーズを揃え、最先端のプログラムから親しみやすい名曲まで、充実した内容で聴衆を魅了している。また、2007年度より東京芸術劇場と提携し、同劇場主催のシアターオペラやファミリーコンサートなどに度々出演、好評を博している。
なお、定期演奏会などの様子は日本テレビ「読響Symphonic Live〜深夜の音楽会」で放送されているほか、インターネットの「第2日本テレビ」でも動画配信されている。

(C) 光田聡

 

小林研一郎/指揮

東京芸術大学作曲科・指揮科の両科を卒業。
作曲を石桁眞礼生、指揮を渡邉暁雄、山田一雄の各氏に師事。
1974年第1回ブダペスト国際指揮者コンクール第1位、特別賞を受賞。
ヨーロッパの一流オーケストラを多数指揮。ハンガリー国立フィルおよびネザーランド・フィルのヨーロッパ公演・日本公演や、東京都交響楽団、読売日本交響楽団、日本フィルのヨーロッパ公演の指揮者、国際指揮者コンクール審査員、東京都交響楽団正指揮者、東京交響楽団客演指揮者、名フィル、京都市交響楽団、ハンガリー国立フィル総監督・常任指揮者、チェコ・フィル常任指揮者客演指揮者、日本フィル音楽監督などを歴任。これまでに日本のほとんどのオーケストラで、定期演奏会を指揮。ハンガリー政府よりリスト記念勲章、ハンガリー文化勲章、星付中十字勲章(民間人としては最高の勲章)を授与される。
現在は、アーネム・フィル常任指揮者、ハンガリー国立フィルと名フィルの桂冠指揮者、マタヴ・ハンガリー交響楽団と九州交響楽団の首席客演指揮者、東京芸術大学指揮科教授、東京音楽大学客員教授の任にある。

 

荻原尚子/ヴァイオリン

豊田市出身。4歳よりヴァイオリンを吉野淳子氏に,1995年よりベルリン芸術大学にて豊田耕兒氏に、2000年よりハンブルグ音楽演劇大学大学院にてコリヤ・ブラッハー氏に師事。ブラッハー氏のアシスタントを務め、2003年最優秀にて修了し、マーラー・チェンバー・オーケストラ入団。 2002年日本でのデビューリサイタル後、日本、ヨーロッパ、アメリカ各地でソロ・室内楽奏者としても活発に演奏活動を行い、イヴリー・ギトリス、コリヤ・ブラッハー、ディードムート・ポッペンらと共演。ベルリン・フィルハーモニーのホールにて数々の協奏曲を演奏。室内楽ではFestival Europeen Jeunes Talents(パリ)、Rye Arts Festival(イギリス・ライ)に招待される。またNDR Hamburg, SFB3 Berlin,Bayrischem Rundfunk,Radio Franceにて放送される。 1995年、96年イボルガ・ガイファス・コンクール入賞。1999年レオポルド・モーツァルト国際コンクール入賞。2006年第6回グラーツ・シューベルト&現代音楽コンクール ピアノトリオ部門現代曲演奏賞受賞<トリオ・モンパルナス> 2004年豊田市文化奨励賞、2006年青山音楽賞を受賞。2005年とよしん育英財団助成を受ける。2007年1月よりWDR交響楽団コンサートマスターに就任。同年4月には第一コンサートマスターを務め、新聞等で良き批評を得る。

・はじめて多治見市文化会館に来ました。コバケンさん、すばらしいです。楽団の方々も、最高でした。次回チャイコフスキーきかせてください。小牧から近いので、また、ぜひ来たいです。(50代女性)
・名古屋市内で催される演奏会に比して、よい席で安く聴けたのが何よりです。音響もよく、小林研一郎氏の独特な指揮で良い音楽が楽しめました。読響の演奏も素晴らしかった。(特にチェロ、ビオラ、ティンパニー)(60代女性)
・とても素晴らしい演奏でした。名古屋まで行くのはなかなか大変なので、多治見で定期的(年2-3回)プロオケの演奏が聴けるといいと思います。ただ、あまりに安い金額の設定だと、レベルの低い客が集まって不愉快な思いをするので、それは必要ないです。(40代男性)
・親しみやすいプログラムで十分楽しませていただきました。毎度のことながら、コバケンさんのお人柄に親近感を覚えます。ありがとうございました。(70歳以上男性)
・待望のコバケンさんのブラ1を聴くことができました。大変に素晴らしい演奏でした。コバケンさんの演奏会を聴くといつも温かい気持ちになります。ブラボー!(60代男性)
・初めてのオーケストラのコンサートで、感動の連続でした。生演奏の素晴らしさをしみじみと感じました。やっぱり音楽ってよいですね!!(20代女性)
・メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲を聴いていると、ヨーロッパの風景が目に浮かぶようでした。とても、とても感動しました!(50代女性)
・すべて素晴らしかったです。心に響く演奏と、力強さと、優しさあふれる「コバケン」先生のお人柄あふれる演奏。メンコンも素晴らしかったです。感動しました。ダニーボーイは、素晴らしすぎて涙があふれてしまいました。感動しました。本当にありがとうございました。(40代女性)
・曲の構成がよかったです。メンコンの第3楽章はとてもつやがあったと思います。ブラームスの第4楽章はでは、コバケンさんから炎のようなものが見えたような感じがしました。よい演奏会でした。ありがとうございました。(40代男性)
・ヴァイオリンの荻原尚子さんの音楽、すごくていねいできれいで、寝てしまいそうになりました。素晴らしく、楽しく聴くことができました。お金がなくて、CDやカレンダーを変えないのがとても残念に思います。このコンサートを聴けたことをとても光栄に思います。本当にありがとうございました。(10代女性)
・ヴァイオリン協奏曲は、素敵な音色を楽しませてもらいました。ブラームスは、絶妙のテンポでじっくり聴かせてもらいました。ビオラの音色の美しさに感動しました。年末にふさわしい選曲でした。(60代男性)
・メンコンの荻原尚子さんのヴァイオリンはとても素敵でした。主人は面白くなかったら寝るからね、と始まる前に行っていましたが、全曲通して聴き入っていました。感心したようです。ブラームスの1番は私の大好きな曲で、入魂の演奏だったと思います。コバケンさんと読響はとても相性がいいですね。堪能させていただきました。(60代女性)
・凄い!素晴らしい!の一言。名古屋では名フィルになれているし、東京の楽団は先ず来ない。夏に大垣共立がサラマンカホールで都響コンサートをして、名フィルとのレベルの違いに驚くが、今日もそれを感じた。ぜひ今後とも、読響や東京の楽団を読んでほしい。すべてがよかったと思います。(40代男性)
・多治見市文化会館で初めてコンサートを聴きました。重厚な造りと内装材の色とシートの赤が温かな感じで懐かしい雰囲気です。コンサートの一曲目から、熱気あふれる演奏で弦の綺麗なオーケストラだという第1段の感想でした(読響は初めて聴くので)。二曲目のメンコンの荻原さんはさすがドイツのオケのコンマスだけあって、オケとうまく調和していたし、安定感もありよかったです。しかし、なんといっても後半の「ブラ1」は、コバケンの炎が団員にしっかり伝わって、ゆっくりとしたテンポでガンガンと響いてきました。それに弦だけじゃなく、管セクションもうまい!一昨年だったかな?名古屋で聴いたプロムシュテット指揮のチェコフィルの同曲の演奏以上の感動でした。アンコールの定番「ダニーボーイ」、ジーンときました。先月、NHKでビートたけしさんの番組にコバケンさん出ていましたが、あれを視聴していたので、非常によかったです。(50代男性)
・名古屋まで行かなくても、地元で、このような素晴らしい本格的な演奏会が鑑賞できたことに感謝しています。これからもよろしくお願いします。(50代女性)
・大変素晴らしかったです。今までこんなことはなかったのですが、ラストあたりでは落涙しました。よい経験をさせていただきました。(40代男性)
・バイオリンの音色もよく、とにかく感激しました。また、聴きたいと思います。(70歳以上女性)
・すばらしい!弦も管も美しい。指揮者の素晴らしさが伝わった。ヴァイオリンコンチェルトも力強く、とてもよかった。(60代女性)
・とてもよかったです。アンコール曲のダニーボーイがよかった。あと、メンコンもとてもよかったです。また、来年は、また、ヴァイオリンコンチェルトをやってください。(10代女性)
・荻原さんのヴァイオリン、ステキでした。(60代女性)
・熱演に感動しました。どうもありがとうございました。(60代女性)
・本日のプログラムは最高(60代男性)
・小林研一郎の力強い演奏に感動した。とても迫力があった。(60代男性)
・演奏者の熱気が伝わる、大変感動的な公演でした。(50代男性)
・あたたかさ 勇気 心をつなぐ メッセージ!(70歳以上女性)
・少し早いクリスマスプレゼントでした。どうもありがとうございました。(50代女性)
・知っている曲ばかりで、大変よかった。(40代男性)
・読響が好きなので、来ました。さすがすばらしくて、感動しました。最近の嫌なことがチャラになるほど!!(40代女性)
・熱演に感激しました。ありがとうございました!(50代女性)
・スバラシイ 感動した(70歳以上男性)
・今年は2つも素敵なオーケストラを読んでくださって感謝です。(70歳以上女性)
・とても素敵だった。最後の曲が自分自身に沁み渡った。(40代女性)
・コバケンさんとオーケストラの一体感が伝わってきてとてもよかった(60代女性)
・本物を身近に感じた。最後の曲が涙がこぼれて来た。感動した。(50代男性)
・よい演奏でした!小林さんの指揮の迫力はすごかったです。(10代女性)
・all(50代男性)
・生演奏はやはり良い(40代男性)
・どのパートもまったく手抜きのない演奏で感動した(ブラームス)(70歳以上男性)
・毎年聴きに来てますが、今日はまた一段と感動いたしました。(60代女性)
・荻原さんのヴァイオリン ブラボー(70歳以上女性)
・コバケンの指揮でのブラ1は最高でした(50代女性)
・毎年のことですが、感動をありがとう(60代男性)
・大変結構でした。楽しかったです。(70歳以上女性)
・涙が止まりません。鎮魂の思いで聴きました。明日から胸を張って生きていけます。ありがとうございました。(70歳以上女性)

【主催】
多治見市文化会館・読売新聞社

【後援】
荻原尚子後援会