<お問い合わせ>

ヤマカまなびパーク
(多治見市学習館)


〒 507-0034
岐阜県 多治見市豊岡町1-55
tel.0572−23−7022
fax.0572−24−1631
開館時間:午前9時から午後9時30分まで
毎週月曜日は休館日です



市民が教える
市民の市民による市民のための

「たじみオープンキャンパス」
■たじみオープンキャンパスとは?
 

(公財)多治見市文化振興事業団が2001年に発足した、「学ぶ」場と共に「教える」場を提供するという新しい生涯学習システムです。
 たじみオープンキャンパスは、学ぶことだけが生涯学習ではないことに着目し、市民のみなさんに、今日まで培った自分の知識や技能を活かし「教える」側で、積極的に生涯学習に携わっていただけるシステムになっています。
 アドバイザーは、自主的に講座のプログラム設定や講座の運営を図ります。
 たじみオープンキャンパスの趣旨は下記の通りです。 

@市民が「教え」
  市民だれでも、ジャンルを問わず(注)「教えたい」という意思があれば講座を開くことができます。自分が培った知識や能力を自由に発揮してください。多治見市内外は問いません。より よい仲間づくりの場となることを願い、教える側と学ぶ側の垣根をできるだけ低くするために、教える人を「先生」「講師」という呼称ではなく「アドバイザー」と呼んでいます。
  (注) 特定の政治活動・宗教活動・営利目的・協会普及活動・施術行為に関係するものはお断りしています。

A市民が「学ぶ」   ※お試し感覚で気軽に参加できます!
  「学ぶ」人は、3ヶ月1クールとなっているため、お試し感覚で受講できます。教材費もできるだけ安価に設定し、受講生は気楽に参加できます。

B事務局がサポート
  初めて「教える」方、経験の浅い方のために、プログラムの立て方、内容のコンサルティングから講座開講までの業務(会場予約、広報掲載、募集、申し込み受付け)を行い、やがては自立できるよう、事務局はアドバイザーをサポートします。

●年4回、広報誌にて受講生を募集します。
春夏秋冬、メニューは更新されます。人気定番メニューはもちろん、季節に合わせたお料理講座、夏を目前にシェイプアップのための美容講座、ボーナスシーズンに備えてマネー講座など短期講座ならでは、季節ごとのプログラムを提供しています。詳しくはBunBunねっと(広報誌 1月、4月、7月、10月年4回発行)またはホームページで。

●ただいまのオープンキャンパス 講座一覧 ココ をクリック

●オープンキャンパス講座申込方法は ヤマカまなびパーク5階受付(多治見市学習館)で受講券をお求めください。
受講券購入後は講座開講日に直接会場へお出かけください。

●6人集まれば講座は成立
受講券販売期間に、1講座につき申し込みが6人あれば講座は成立です。受講券は、事務局および市内市立公民館で販売します。受講者の多治見市内外は問いません。

●多治見市内の文化施設が会場です!
多治見市内の文化施設(ヤマカまなびパーク、公民館、バロー文化ホール、子ども情報センター、笠原中央公民館など約12会場)で講座を開催しています。それぞれの公民館、施設会場を楽しんでみてください。施設のいろいろな楽しいイベント情報を得られますよ。

●多治見市外の方でも受講できます!

可児市、瑞浪市、土岐市の文化ホールにBunBunねっとを設置してあります。に14000人を超える方達が受講生となりました。アドバイザーも多治見市内外問わず募集しています!


あなたもアドバイザーになってみませんか?アドバイザー募集!

※アドバイザー登録のお申し込みは、.多治見市学習館へ(пF0572-23-7022)


仕事で身に付けた知識や技術などの専門内容はもちろんのこと、
もっと幅広く、カメラの撮影方法、家事の裏ワザなどの趣味や特技まで
たじみオープンキャンパスに、ジャンルは無限大。
「教えたい」という思いがあれば、どなたでも「アドバイザー」として教える資格があるのです。
あなたの「趣味」「特技」「知識」をご提供くださいませんか?
登録方法などの詳細については以下のとおりです。

アドバイザー登録
@アドバイザー登録説明会
オープンキャンパスの主旨やしくみをご説明いたします。

Aアドバイザー登録
説明会を受けられてアドバイザー登録規約やアドバイザーガイドを遵守していただくことをお約束したいただいた上で登録していただきます。登録の際、年間登録料として1,000円納入いただきます。尚、登録料は通信費等に充てられます。尚、途中登録でも登録料金は変わりません。登録されているアドザバイザーへは事務局から随時にプログラム用紙や案内書類が送付されます。
登録更新は、年度毎になります。希望者は、送付案内に従って手続きを行なってください。

B講座プログラムの作成・提出
アドバイザーは、講座開講準備の第一歩として、ご自身がやりたいと思っている内容を「プログラム登録用紙」に記入し、事務局に提出します。
「プログラム登録用紙」は、事務局から送付する指定のものをご使用ください。(ご自分で作成したものは受付ません)
プログラム登録用紙に、空欄がないよう全てに記入し、期日内に提出してください。(提出期限はプログラム登録用紙に明記)
尚、複数の講座の申込は、お断りする場合があります。事務局担当にご相談ください。
プログラム登録は、アドバイザー登録期間内は、どのシーズンでも登録できます。オールシーズンでもシーズンを限定しても構いません。

Cプログラム登録

     ヤマカまなびパーク5Fオープンキャンパス事務局(0572-23-7022)へご提出ください。

登録から講座開講までの流れ

@ アドバイザー登録

A プログラムの作成・提出
↓ B講座会場の調整
C 「BUNBUNねっと」で講座を案内
↓ 広報誌の誌上で講座の内容を紹介し、受講生の募集を開始します。
D 講座受講券販売

↓ E講座受講券を販売。基本的に6名以上集まれば講座を開講します。
F申込人数確認
↓ G成立・不成立の決定
H 会場申請

I 講座開講
↓ 基本的にはプログラムにそって講座を進めてください。
J 講座終了

↓  予定するプログラムが終了したら、報告書と出欠名簿をご提出ください。
規定のアドバイザー料を、事務局からお振り込みします。
K アドバイザー料の振込


【お問い合わせ】

たじみオープンキャンパスについてのお問い合わせは…

ヤマカまなびパーク(多治見市学習館)  たじみオープンキャンパス事務局

多治見市豊岡町1-55 まなびパークたじみ5階
(0572-23-7022)