〒507-0062 多治見市大針町283-1
℡0572-29-4880 Fax0572-29-4881
開館時間 9:00~21:30

雑誌の定期購読をしています!

南姫公民館では3種類の雑誌 - きょうの料理・暮らしの手帳・天然生活 - を定期購読しています。
他の本と同様に貸出をしています。ぜひご利用ください。

図書コーナー

 このコーナでは子ども用の本を面出し展示し、毎月テーマに合わせたおすすめ本をご紹介します。ぜひ手に取ってみてくださいね。
なお、この図書コーナーのラック(左の写真)は、公民館職員の手作りです。

【今月の特集】
<大人向け> 障がい、介護の本
<子ども向け> みんなともだち&いのちを考える

 
平成29年度 新着本のご案内
タイトル 著者名
影裏 沼田 真佑
月の満ち欠け 佐藤 正午
コーヒーが冷めないうちに 川口 俊和
君の膵臓をたべたい 住野 よる
か「」く「」し「」ご「」と「 住野 よる
素敵な日本人 東野 圭吾
マチネの終わりに 平野 啓一郎
ペンギンハイウェイ 森見 登美彦
よるのばけもの 住野 よる
福袋 朝井 まかて
アキラとあきら 池井戸 潤
風のかたみ 葉室 麟
劇場 又吉 直樹
応仁の乱 呉座 勇一
しんせかい 山下 澄人
蜜蜂と遠雷 恩田 陸
また、桜の国で 須賀 しのぶ
騎士団長殺し 1 村上 春樹
騎士団長殺し 2 村上 春樹
人と出会う場所 世界の市場 小松 義夫
弘兼流 60歳からの手ぶら人生 弘兼 憲史
いのちのはな のぶみ
危険なビーナス 東野 圭吾
陸王 池井戸 潤
最悪の将軍 朝井 まかて
1941決意なき開戦 堀田 江里
ビアトリクス・ポーターが愛した庭とその人生 マルタ・マクドウェル/宮木陽子訳
平成28年度 新着本のご案内
タイトル 著者名
「揚げない」揚げもの 石原洋子
遺跡でたどる邪馬台国論争 中村俊介
美しく暮らすおしゃれのヒント 松本洋子
ペネロペのたのしいハロウィン アン・グットマン
あかちゃん、がんばれ! 矢部美智代/作 広野多珂子/絵
こばとちゃんとあひるちゃん ディヴィッド・ウォーカー
築地市場 モリナガ ヨウ
天皇陛下の私生活 米窪明美
みんなの家事ブック 本多さおり
これですっきり!マイナンバーがわかる本 青木丈
死んでいない者 滝口悠生
異類婚姻譚 本谷有希子
つまをめとらば 青山文平
スキン・コレクター ジェフリー・ディーヴァー・池田真紀子訳
ケアのカリスマたち 看取りを支えるプロフェッショナル 上野千鶴子
家族が亡くなったらすぐする相続手続きと届け出 石原修・長崎和利
おすすめ本紹介
東風が吹けばステキな彼女がやってくるサイン!
『風にのってきたメアリー・ポピンズ』

P.L.トラヴァース作 林容吉訳


 東風の吹く日、こうもり傘につかまって空からやってきたメアリー・ポピンズはバンクス家の子ども達のお世話役。少し風変りな彼女が子ども達を退屈な日々から不思議な冒険の世界へと導きます。
 子ども心をくすぐる物語。子どもはもちろん、大人になってからも読みたい一冊です。

『日本語練習帳』
大野 晋 /著 岩波新書

 「どうすればよりよく読めて書けるのか」、「そのためには何に気をつけ、どんな姿勢で文章に向かえばよいのか」。
 そんな疑問を練習問題に答えながら学べる1冊。
 文の組み立て方、文章の展開、敬語の基本など、日本語を理解し表現する技能を磨く、ハウツーものです。
 日本語の特質についてのわかりやすい説明も随所にあり、「日本語についてよく知りたい」と思っている方にもおすすめです。

『子どもにウケるからだの謎 ウソ・ホント!?』
坪内 忠太 /著  新講社

 知ってるようで知らない自分のからだ
・血は赤いのに、どうして血管は青いの?
・がまんしたオナラは、口から出るの?
・サルにはまゆ毛がない。ウソ・ホント!?
 だれもが一度は疑問にお思ったその答えが書かれています。大人もなるほど!とうなずいてしまうこと請け合いです。


『住んでみたヨーロッパ9勝1敗で日本の勝ち』
川口マーン惠美/作   ポプラ社

 イメージよりも実際に暮らしたときの印象のほうがずっと良い稀有な国、日本。 
 ドイツに住んで30余年になる著者が、ヨーロッパの国々での見聞を、日本と比較しながら紹介した本です。 改めてわが国、日本の良さを再認識で きます。(職員N)


『マールとまいごのサンタクロース』
二宮由紀子/作  渡辺洋二/絵  ポプラ社

 ゆきだるまの世界では、大人になるほど、体が小さくなるんだって。
 知ってました?ゆきだるま一家の末っ子マールはサンタクロース のおじいさんからあたたかいココアをもらいました。
 マールの子どもらしい無邪気さがとてもかわいいお話です。



『そだててあそぼう』 シリーズ
刊/農山漁村文化協会  編/川城英夫 他

 野菜や果物の 失敗しない作り方をわかりやすく手ほどきしてくれます。楽しい食べ方や加工法の他、 観察のポイント・おもしろ実験等も載っています。大人から子どもまで楽しめる絵本です。 南姫公民館にはこのシリーズが約100冊揃っています。(職員 S)



『敗者の古代史』
朝日新聞社 著/浅田次郎

 古代史は、大体が勝者の立場で書かれて いるので、「敗者の立場で古代史を見直す」 ことは、違った視点からの歴史を学ぶという面白さがあります。
 本書では、「神武東征」頃から「天武、持統」の頃までを十九の項目に分けて理解しやすく書かれている。 難解な語句も解説してあり物語を読むように一気に読み終えることができる本です。 (職員 N)

『椿山課長の七日間』
浅田次郎/著

  おかしくて噴き出してしまうほど面白い。しかし、芯には一貫して家族の絆や、 前向きに生きる人間模様が浮彫りにされて流れている。
 2002年初版、 西田敏行主演で映画化もされ反響を得た作品です。
『ロスジェネの逆襲』
池井戸 潤/著

  岐阜県出身の直木賞作家・池井戸潤原作の 大ヒットドラマ“半沢直樹”の続編。出向先「東京 セントラル証券」が舞台の企業買収ストーリー。 東京中央銀行からの理不尽な横槍にもめげず またもや半沢直樹が大活躍します。




『 夫婦がん日記 二本の木』
小沢 爽 小沢千緒/著 NHK出版

  夫婦が病に侵されながらも、残された 時間、切ない思いや戸惑いを言葉に して伝えあった二人。夫妻の深い愛とゆるぎない絆。 NHKでドキュメンタリー化された作品です。


『よういち!どうしたぁー!』 山本陽一/作 かわせひとみ/絵

平成15年から18年まで南姫小学校に教頭先生として勤めていらっしゃった山本陽一さんが、昨年3月に絵本を出版されました。内容は自身の子ども時代の母との思い出を描いたもので、心があたたかくなるお話です。挿絵は陽一さんの娘さんが担当されました。公民館の図書室においてあります。 ぜひ手に取ってみてくださいね

タイトル 著者名 出版社
メガネをかけたら くすのきしげのり/作 たるいしまこ/絵 小学館
なみだひっこんでろ 岩瀬成子/作 上路ナオ子/絵 岩崎書店
わたしのいちばんあのこの1ばん アリソン・ウォルチ/作 パトリス・バートン/絵 ポプラ社
いっしょだよ 小寺卓矢/写真・文 アリス館
くりぃむパン 浜野京子/作 黒須高嶺/絵 くもん出版
ジャコのお菓子な学校 ラッシェル・オスファテール/作 風川恭子/絵 文研出版
こおり 前野紀一/文 斎藤俊行/絵 福音館書店
ゾウの森とポテトチップス 横塚真己人/写真・文 そうえん社
オムレツ屋へようこそ 西村友里/作 鈴木びんこ/絵 国土社
有松の庄九郎 中川なをみ/作 こしだミカ/絵 新日本出版社
はるかなるアフガニスタン アンドリュー・クレメンツ/著 講談社
永遠に捨てない服が着たい 今関信子/著 汐文社
その本、読みたい!高学年読み聞かせブック 村上淳子/著 国土社
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 村上春樹/著 文藝春秋
きみはいい子 中脇初枝/著 ポプラ社
県庁おもてなし課 有川浩/著 角川書店