ご利用案内
 開館時間

火曜日〜日曜日 10:00〜18:00

 休館日

毎週月曜日(月曜日が祝祭日にあたる場合は開館します)
館内整理日(毎月第3木曜日。その日が祝日にあたるときはその前日)
年末年始(12月28日〜1月4日)
臨時休館日(カレンダーや広報たじみなどでお知らせします)

はじめて笠原分館を利用される方へ
図書館の利用は無料です。どなたでも自由に閲覧できます。
ただし、館外への貸出には「図書館利用者カード」の申し込みが必要です。

● 今まで一度も図書館で登録をされたことのない方
利用者カードの手続きをお願いします。利用者カードの発行は本館・笠原分館・子ども情報センターで承ります。申込の際には住所の入った身分証明のできるもの(免許証・保険証など)をお持ちください。

カード紛失による再発行は、所定の再発行手数料(100円)を徴収しますので、なくさないように大切に保管してください。

 貸出冊数と貸出期間(システム統合で変更になりました)

貸出点数は本館・子ども情報センターの貸し出し点数も合わせてお1人10点までです。

貸出期限は2週間です。2週間以内に読みきれない資料は、期間内にお申し出があり、かつ他の方から予約が入っていない場合に限り延長が可能です。手続きをした日から2週間延長できます。
※お電話・インターネット上・資料を持参されずにカウンターで延長のお申し出のあった場合は、1回に限り延長ができます。

雑誌の最新号や館内閲覧のみの資料は貸出ができません。資料又は本棚に表示してありますのでご注意ください。

 利用方法(貸出・返却)

貸出  借りたい資料を利用者カードと一緒にカウンターまでお持ちください。職員が貸出手続きをします。返却期限日と資料点数はカードに印字されます。
返却  返却カウンターまで資料をご返却下さい。返却時に利用者カードは必要ありません。直接本棚には返さないでください。ご返却は本館・子ども情報センターでも可能です。但し、大型本やAV資料などは返却ポストなどにはお返しにならないようにご協力をお願いします。

※個人情報の保護のため、利用者の貸出資料記録(誰が、何を借りたか)は、資料返却時に消去されます。

 本を探す

資料は請求記号で分けられ配架されています。請求記号とは、図書・資料の背ラベルに表示されている記号のことです。原則として、分類番号・著者記号などから構成されています。これらは、同一主題や同一著者の本を書架に集めることにより、図書・資料を探しやすくするためにつけられたもので、図書・資料は原則としてこの請求記号順に配架されています。

お探しの資料が見つからない時は、職員までお尋ねください。

 予約

読みたい本が見あたらない時は、カウンターへお尋ねください。

お探しの資料が当館・本館・子ども情報センター所蔵のものであれば予約をすることができます。「予約カード」に記入してカウンターに提出してください。資料が用意でき次第ご連絡をいたします。

所蔵していない資料は、リクエストとして承ります。資料は他の図書館からの取り寄せ、あるいは購入を検討いたします。ご希望の資料が紹介されていた広告・書評などをそのままお持ちいただくと、資料の取り寄せがスムーズに行えます。手元にございましたら予約時に職員へお渡しください。尚、取り寄せに時間がかかる場合があり、資料によってはご用意できないものもありますので、予めご了承ください。

尚、予約点数はお一人10点までです。

 おはなしの会について

毎月第3土曜日(笠原分館) 11:00〜12:00
毎月第3水曜日(子育て支援センター) 11:15〜11:30
ボランティアさんによる絵本や紙芝居の読み聞かせをしています。是非ご来館ください。

 雑誌の閲覧・貸出について

書架に並べてある最新号は館内でご利用ください。バックナンバーは貸出可能です。

 新聞について

中日新聞・岐阜新聞・日本経済新聞・中日スポーツ・The Japan Newsが閲覧できます。
購読新聞・雑誌の詳細については、直接お尋ねください。