活性化委員会
 

 

  小泉公民館活性化委員会が出来るまで
 
平成13年4月に発足。地域の財産である公民館を支えるのはやは・り地域の方々であり
職員と地域の方々と手を取り合い、地域を支える目的で発足。

【テーマ】 心をつなぐ3つのワ 輪・話・和
 
  小泉公民館活性化委員会 活動報告
 
平成13年9月 第1回 小泉ふれあい広場 開催
平成14年9月 第2回 小泉ふれあい広場 開催
平成15年9月 第3回 小泉ふれあい広場 開催
平成16年9月 第4回 小泉ふれあい広場 開催
平成17年9月 第5回 小泉ふれあい広場 開催
毎月1回 公民館にて会議
 
  小泉ふれあい広場とは
 
核家族化が増えている現状の地域の3世代を通したふれあいを目指して"小泉ふれあい広場”と称して開催された。
メインとしているのは“3世代ふれあいコーナー”の昔懐かしいおもちゃ遊びを体験することとしている。
 
  活性化委員会の活動報告
 
第1回 小泉ふれあい広場

平成13年9月20日
3世代ふれあいコーナー
  ・こま作り
  ・お手玉遊び
  ・割り箸鉄砲作り
  ・たこ作り

体験お抹茶コーナー
こども映画部屋
昔懐かしいお菓子作り
第2回 小泉ふれあい広場

平成14年9月21日
3世代ふれあいコーナー
  ・おりがみ遊び
  ・わりばし鉄砲つくり
  ・竹の小笛つくり
  ・ぶんぶん飛行機つくり

ふるさと展「30年代の蒔の暮らし」
小泉校区で使われていた蒔に関する用具などを展示

タイムスリップルーム

昭和30年代の居間の様子を和室にて再現!

おから・ペトロサブレ作り
健康ぱっくんコーナー
小泉ぷらっと横丁

・ふるさとおばちゃんコーナーによる豚汁・蒸しパン
・フリーマーケット
第3回 小泉ふれあい広場

平成15年9月21日
3世代ふれあいコーナー
   ・風車作り
   ・バードコール作り
   ・のぼり人形作り
   ・やじろべえ作り

ふるさと展「小泉の養蚕とくらし」
小泉校区で産業の中心となっていた養蚕について様々な道具などを展示
※実際にお蚕を孵化するところから始めた。(約1000頭)

なつかシアター(番茶付)
昭和30年代のくらしぶりをスクリーンにて上映
地域の方から提供されたネガから再現された写真集公開

げんこつあめ作り
ぷらっと横丁

ふるさとおばちゃんによる「流しそうめん」・「けんちん汁」
フリーマーケット
第4回 小泉ふれあい広場

平成16年9月21日
3世代ふれあいコーナー
  ・手袋人形作り
  ・竹笛作り
  ・杉玉てっぽう作り
  ・おりがみ飛行機つくり(移動児童館)

昔なつかし駄菓子屋さん
ぷらっと横丁
ふるさとおばちゃんによる「けんちん汁」・「がんどちぼち」
フリーマーケット

第5回 小泉ふれあい広場

平成17年9月18日
3世代ふれあいコーナー
  ・おきあがりこぼし
  ・まほうのひこうき
  ・おしぼりわんちゃん
  ・ぼうしのブローチ
  ・おりがみ

ふるさと展「小泉の農業とくらし」
※実際に使っていた道具を展示
花かごのサンドイッチ作り
ぷらっと横丁
ふるさとおばちゃんによる「栗おこわ」・「みそ汁」
フリーマーケット
第6回 小泉ふれあい広場

平成18年9月17日

総勢 700名
3世代ふれあいコーナー
  ・つまようじで作ったようじ入れ
  ・ぶんぶんゴマ
  ・大車輪(動くおもちゃ)
  ・竹笛

ふるさと展「小泉の子どもの暮らし」
げんこつ作り

ぷらっと横丁
ふるさとおばちゃんによる「サツマイモの茶巾絞り「みそ汁」
フリーマーケット

久々利古道を歩こう

平成18年10月8日
総勢 50名
ウォーキング事業
  小泉地内の久々利古道を歩きました。
古道沿いには至る所に道祖神・馬頭観音などがあります。
普段気にしていなかった石仏まで。新しい発見がありました。




小泉公民館の管理運営につきましては、指定管理者制度により
(財)多治見市文化振興事業団 が多治見市から受託して管理しています。
当ホームページ内に掲載の記事・写真・画像の無断転載を禁じます。