exhibition & event
展覧会・イベント

Home展示会・イベント企画展「わが桃山陶 -館収蔵品物語-」R2.2.14~R2.5.17まで
exhibition and event 展覧会・イベント

exhibition and event

展覧会・イベント

企画展「わが桃山陶 -館収蔵品物語-」R2.2.14~R2.5.17まで

名称 企画展「わが桃山陶 -館収蔵品物語-」
内容

本館の前身である「美濃古陶器陳列所」が設置されて、今年で69年が経過します。
この間、名称・場所を変えながら、1988年に、新たな施設「財団法人岐阜県陶磁資料館」として、現在地に誕生しました。

そして、時は流れ2012年には、多治見市の施設として再出発する「多治見市美濃焼ミュージアム」となって今に至っています。
こうした、館の歴史の中から、実に多くの貴重な収蔵品が、多治見市民の皆様の「財産(お宝)」として、ここ「多治見市美濃焼ミュージアム」に保管されてきました。

収蔵するということは、“モノを機械的に収蔵庫に収める”のではなく、熱き思いが込められた品々(収蔵作品)を抱き、そして預かる、心のやり取りでもあります。

今回、こうした収蔵にあたってのエピソードや逸話を紐解き、ドラマチックなストーリーを作品と共にお伝えする企画展を開催いたします。 時代は美濃が最も輝いた“桃山陶”とし、こうした「館収蔵品物語」は、市民(来館者)のみなさまへのお宝紹介として、これからも連続して企画して参ります。

では、みなさまと収蔵品を見つめ、感じることから、作品に向き合う楽しさを生み出していけたらと願っております。

関連イベント

3DANGI(さんだんぎ)

講師を中心に参加者の参加型の座談会を実施します。

  • 1. DANGI 1「陶片談議」令和2年3月 8日(日)  講師:河合竹彦
  • 2. DANGI 2「桃山談議」令和2年3月22日(日) 講師:安藤日出武
  • 3. DANGI 3「織部談議」令和2年4月26日(日) 講師:玉置保夫
  • 趣旨:講師を中心に参加者参加型の座談会を実施する
       テーマに沿って思いを深める場とする
  • 時刻:14時00分開始~15時30分終了
  • 場所:当館 立礼茶室
  • 人数:各回上限15名
  • 参加方法:3つの談義から1つを選択(参加は1人1談義)
         ①電話②来館にて、直接申込
  • 事前予約:2月29日(土)まで
  • 募集人数:各回上限15名
         ※申込人数が上限を超えた場合は「抽選」とする
         ※参加者決定は3月1日(日)に当館HPにて発表
         (事前にお知らせした「受付番号」による発表)
  • 参加費等:1,000円(当日徴収します)
         ※当館の入館料・呈茶(お菓子付、陶芸作家の茶碗を使用)込です
  • 問い合わせ先:多治見市美濃焼ミュージアム tel:0572-23-1191
開催期間 令和2年2月14日(金)~令和2年5月17日(日)
展示会場

美濃焼ミュージアム内 ギャラリーM1

(多治見市東町1-9-27)
開館時間

9時~17時(入館は16時30分まで)

休 館 日 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館、翌平日休館)
※年末年始休館 12月28日~1月3日
入 館 料

入館料:一般320円(260円) 大学生210円(150円)※()内は団体料金(20名以上)
高校生以下、身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳の交付を受けている方とその付添いの方1名は無料

 

多治見市美濃焼ミュージアム

page top